Top
『四季折々』
d0213316_19334427.jpg


Olympus E-620
LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. L-X025

四季折々の色使い
ただそれだけの変化で
僕等を楽しませてくれる



卒業してから初めて母校を訪れました
約5年振り、それでも何も変わっていなくてとても懐かしい思いで一杯になりました
それだけでも充分な気持ちだったのにスリッパに履き替えて職員室に向かおうと歩き出したら。。。

目の前から中学時代、僕が3年間お世話になった先生が歩いてきた
僕から名乗ることもなく『あれっ・・・〇〇〇〇じゃないか!』って言われて内心すごく嬉しかったです*
一瞬の再会でしたが、叶うならばいつか昔話に花を咲かせてみたいものです

用事も済んで職員室を出て玄関前の廊下で会った生徒からとても大きな声で挨拶をされて
とても驚いたし、とても嬉しくて、僕も負けずに大きな声で挨拶をしました
挨拶するだけでこんなに気持ちが良くなったのは久し振りのことのように思います*


帰り道に先生との再会を振り返りながら
そういえば自分の下の名前をフルネームで呼ばれたのは久し振りだったなと思いました
久し振りに先生に会えたのも嬉しかったけど、加えてそうやって読んでくれたのが嬉しかったのかも。

〇〇さんと呼ばれるのは、距離感を感じるし
名前を省力して呼ばれるのは、もう呼ばれ慣れているから特に何も思わないし
あだ名で呼ばれるのは、懐かしい感じするけれど結局友達だし

・・・あれっ・・・自分はいったい何を言っているんだろう(笑)
それにしてもこんなことを考えたのは初めてかもしれない
考えを整理してみたけど、きっと誰かから突然下の名前をフルネームで呼ばれたらドキっとすると思う
だってそれは基本的に家族しかそう呼ばれていないから

他の人も名前の呼ばれ方で受け取る側の気持ちが違うのかなって思いました*
[PR]

by pho-oly_foto | 2011-04-27 20:31
<< 『OLYMPUS OM-1』 | ページトップ | 『親子』 >>