Top
『苦しい時は私の背中を見なさい』
d0213316_203598.jpg


Olympus OM-1
G.ZUIKO 50mm F1.4
Kodak NEW PORTRA 400

この言葉は、なでしこの澤穂希選手の言葉です。
この言葉を知ったときに自分の経験を思い出して改めて澤選手を好きになりました。
自分の経験というのは、自分自身も高校時代サッカー部のキャプテンをやっていたのです。

叱咤しながらチームをまとめていくのは、自分のキャラ的に難しいことだと感じていて
試合そして練習中も誰よりも一生懸命に取り組むこと、そしてチーム全員と積極的にコミュニケーションをとったり
選手とコーチ陣の間をつなぐ存在として奔走することが僕に出来ることだと思って必死にやったつもりだったけれど.......

今でも忘れられないことがります。
ある日、トレーナールームでテーピングを巻いてもらっていた時に
トレーナーの方にチーム状況を話していた時に誰もチームメイトがいなく
自分の悩みやチーム状況を聞いてもらったことによって自然と涙がでてきてしまってトレーナーやコーチのいる前で
人目をはばからず涙してしまったことは、忘れられない僕のほろ苦い高校時代の思い出です(^^;


僕も同じように自分の背中を見てチームメイトが
「あいつがあれだけ頑張っているんだから俺もやらないといけないな」
と思ってもらおうと意識して取り組んでいたけれども、言葉にして僕は言えなかったです。


いつかこの言葉が言えるときがきたらいいな。
[PR]

by pho-oly_foto | 2011-09-13 21:18
<< 『お互いの個性』 | ページトップ | 『自分らしくいられる場所』 >>