Top
『熱狂冷めやらぬ興奮』
d0213316_2137551.jpg


Olympus OM-1
G.ZUIKO 50mm F1.4
Kodak NEW PORTRA 400

韓国テグで行われている世界陸上で
ハンマー投げの室伏広治選手が世界陸上では初めて金メダルを獲得しました。
そして今回の世界陸上で日本人選手初のメダルでもあります。

女子100mでは福島千里選手が日本人女子選手初の準決勝進出し新たな歴史を踏み出しました。
男子100mではフランスのルメートル選手がコーカソイド(男子)として初めて10秒台の壁を破り(PB 9.92)
今回の大会では決勝4位の好成績を収めました。

残念だったのがウサイン・ボルト選手の男子100m決勝でのフライングによる失格です。
今回の世界陸上から従来のルールが改正され、1回目のフライングで即失格となるようルールを厳格化したためです。

ライバルである米国のタイソン・ゲイ選手、同郷のアサファ・パウエル選手の欠場。
そして課題であったスタートの反応、飛び出し。体調が万全ではなかったなど様々な要因が
ボルト選手本人も気づかぬうちに精神的な負荷がかかっていたのではないかと思います。
200mでは100mの悔しさをバネにして観客をわっと驚かせる世界新記録を出してもらいたいですね。


これからも世界陸上ネタでお送りしていきたいと思います*
[PR]

by pho-oly_foto | 2011-08-29 22:19
<< 『夏の終わりに』 | ページトップ | 『ハイジの村』 >>